U-17日本代表

昨日の深夜にU-17日本代表 VS チュニジアの予選リーグ3戦目があった。

FUJの代表村田さんが是非見てみてほしいとの事でした。

『岩谷さんが2戦目を観られて、吉武監督はだいぶ野洲高校に影響を受けている、歴代U-17の中で一番いいサッカーをしているし、フル代表よりいいサッカーをしている。』と言われていたので、興味深く観てみた。

チュニジアは体系は大人と一緒で、前半はガンガンボールを取りに身体をあてに来ていた。

しかし日本は今までなかったコンパクトに人と人の距離感を縮め、ショートパスを繰り返しながらサイドを変えたり、相手の背後をうまくとっていた。前半は、相手の圧力にミスを繰り返していたが、やろうとしていた事はよくわかった。
動き出しの速さ、球際の速さ、連動性は面白いものを感じさせられた。

システムもゲーム中には2バックになっていたし、そんなことは今までの代表ではまず見なかっただろう。

決勝トーナメントに進出するので選手のみんなも、是非観て参考にしてもらいたいと思う。