高校サッカー

今日は新人戦の後高校サッカー選手権大会を観にいって来た!
母校が秀岳館と対戦した。
結果は1-2の負け(T_T)
後半残り1分まで1-0で勝っていたが、その1分で同点に追いつかれ延長戦で追加点を取られ敗戦。
選手達はピッチに倒れこみこの3年間が終わった。
高校サッカーとは決して高校3年間だけの集大成ではなく、サッカーを始めてからの集大成である。
小学校、中学校、高校と努力して来た最後の大会。だからこそいつ観ても感動させられる大会なのだ。
監督、コーチ、選手の皆さんお疲れ様でした。
ここで学んだ事を次のステージで活かしてもらいたいと思います。
他県では、滝川第二、久御山、さらにはあの野洲までも予選敗退。
野洲はこの雨の中でも自分達のプレーを貫き通したらしい。来年パワーアップして全国ヘ戻って来てもらいたい。
iPadから送信