リフティング1万回プロジェクト

今回長期遠征から帰って来て、リフティング1万回プロジェクトを行っている。
なぜかというと、遠征で出会ったチームでリフティング1万回出来ないと試合に呼ばれないというチームがあり、そこはみんなが1万回出来るとのことだった。
やはり、自分達よりも上を行くチームがあるならば、そこに追いつき追い越せで行かないと、子供達をもっともっとうまくしてあげれない。
エスパシオの子供達には、所属している事に喜びを感じ、テクニックに自信を持ってもらえるようになってもらいたいと思う。
まずは、4年生は500回、6年生は1000回を目標にスタートとし、今日はタケル(6年)が6000回を突破し、タクト(4年)が5000回を突破、ショウダイ(6年)が4000回を突破、レイヤ(6年)が3000回を突破、また他の子供達も1000回を突破し次々と目標を更新する事が出来た。
まだまだ1万回にはほど遠いが、人の5倍努力をする事で必ず目標は達成出来ると思う。
このリフティングで全てがうまく行くというわけでは無いが、目標を立て目標に向かって努力をする、そして目標を達成し、努力を自信に変えていってもらいたいと思っている。
あるクラブの言葉で、
『サッカーを愛する子供達に幸運を
カメの様な一歩の歩みを大切にし、今日は昨日の我に勝つ
私の前に道は無い、
私のあとに道は出来るのだ。
努力は自分を裏切らない。』
『どんなチームにも、
負けちゃいけないものがあるだろう
どこを目指しているんだ
速さには限界がある
体の大きさにも限界がある
上手さには限界は無いんだ
最後の勝者は
頑張るという才能を持った者』
私は、この言葉を子供達に伝へた。
iPadから送信