女子ワールドカップ優勝おめでとう

鹿児島遠征中に女子ワールドカップ決勝《日本 VS アメリカ》が行われた。
何か今回の代表はやってくれそうな気がしていた。
歴史を変えてくれそうな・・・。

しかしアメリカと言えば、まだ一度も日本は勝利した事がないチームであり、応援しているこっちが不安な気持ちにもなっていた。

こんな最高の舞台で最高の相手と優勝をかけて戦えると言う事は、何か運命的であり歴史変える為のサッカーの神様が与えてくれた舞台でもあるような気がした。

朝食をとりながらPKを観ていた。私は子供達に『なんか勝ちそうな気がするよ。』と言ったら本当にやっちゃいました。サッカー人として本当にうれしく思った。
自分が生きているうちに、サッカーで日本が世界の頂点に立てる時がきた事をとうとう来たんだなこんな時期がと思った。

ESPACIOにも在籍してくれている、ESPACIOのマドンナ『ヒロカちゃん』もいつかこの舞台に立って、日本に勇気と元気を与えてくれたらと願った。

それにしても、この成果は育成時代から携わってこられた指導者の方々のおかげだとも言えるだろう・・・。

私も日本のためとは言わないが、選手一人ひとりのために精一杯指導をしていかなければと思った。