U-13TRM

昨日は、U-13TRMを引率した。

U-13の選手達は、日頃厳しい環境の中で練習をしていて、一人ひとりの強い意識がとても重要であり、その意識を持って練習を行っている。
そんな中、私も試合をいっつも観ているわけでわなく、久々引率をするのでどんな変化があるか楽しみでグラウンドに来た。
大体のゲーム内容や、個人の評価は、コーチから聞いているので、子供達には、最初は何も言わず送り出して観察を行ってみた。

何かをやろうとしているのは、確認が出来たが、周りを観る、先のプレーを感じての動きや、相手との駆け引き、ボールを受けるときの動き、などが足りないと感じた。
サッカーは、相手がいるスポーツだから、またその相手がいつも違うのだから、常に相手を意識して観て行動を起こさないといけない。
そんなコーチングをしてから子供達も意識し始めた。しかし今度は、周りを意識するあまりプレーの質が落ち、なかなか評価には、値しないプレーだった。

子供達には、『チームも大事だが個人が武器を持ち、どんなチームでも光るプレーヤーでなければならない。』
と言っている。
なぜなら、高校年代でピッチに立ちそこで必要とされ、光らなければ次へのステージに近づけないからだ。
強い高校に行かなければ、大学、プロへと行けないのか?
いやそうではないはず。
なかなか勝てない高校でも個人が光り、認められれば次へのステージへと繋がるはず。
私は、今の子供達のプレーを観て、変化し始めてるので慌てずじっくりと指導していき、魅力ある、光るそんな選手になってもらいたい。